ブライワックスの評判 2017年度 ワックス

使用方法はNETで見て参考にしました。布で手軽に重ねていけるところが何よりも嬉しいです。外気温13度の中!半固形状のワックススをチールウールで塗りましたが30分後に麻のブラシで磨く際!塗りむらがなかなか取れずブラッシングにかなりの時間と労力を要しました。

コレです!

2017年01月14日 ランキング上位商品↑

ブライワックス オリジナル ワックスブライワックス オリジナル カラーワックス 400ml 各色【BRIWAX】

詳しくはこちら
 b y 楽 天

賃貸で作業する場所もなかったのですがこれなら室内でも問題なく作業できます。ラスティックというだけあって、真っ白だった無垢材が古びた感じになりました。迅速な発送でした。まさに王道な色でなんにでも使えると思います!即日納品していただき、すぐに試してみました。ラスティックパインという色のワックスを買いました。発送早かったです!色も可愛いし、塗るの楽しみですとても早く送っていただきありがとうございました!梱包も丁寧にしていただき満足しています♪ブライワックスは今回ミディアムブラウンを購入しました。枯葉のような色になるので、赤みが欲しい人はちょっとイメージが違うかもしれませんね。オイルステインと迷っていましたが、こちらにして良かったと思います。肝は、下処理が大事(サンダーで滑らかに)ツヤが違う。固くて、開かなくてドライバーで20分くらい奮闘して開きました。塗りむらを防ぐには!円を描かず木目に沿って塗ったほうよいです。擦り込む事でムラなく仕上げられるのが良い。水性ステインと併用しましたが、色合いも良く思い通りの仕上がりになりました。古材で棚を作るのに使用しました。(どちらも好みの色合いですが!自室以外の家具とも相性が良く!思わぬ修繕も可能になったという点でです)クリアに近い物で経年を待っていましたが!待ちきれなくてこちらを購入しました。塗って15分でタワシ掛け(時間を置くと塗りムラがとれない)位でしょうか。光沢、質ともに申し分ありませんが、テーブルで作業する際に袖、肘などへの色移りが心配です。気がしっとりとして、滑らかつるつるになります。スチールウールで塗る。但し!これでもかと磨いてもウエースに色移りします。古材なのでどんなつき方をするのか心配でしたが!古材の風合いを残し尚且つきれいに仕上がりました!!。家具を塗ってみましたが!いい感じで塗れました!オイルステインより作業しやすいです。チュダーオークを使ったのですが、見事にアンティークの板が出来上がりました。パイン集成材を320番のサンドペーパーで仕上げ、オイルステイン(オーク)を塗った後、1日おいてからブライワックスで仕上げました。発送が早く急いでいたので助かりました。初めて使って見ました。私はもう少し赤みが欲しかったので☆4つにしました。コツをつかむと良い感じに出来ると思います。気になっていた色落ちも、磨きこむ事でさほど気にならないレベルでした。今回!作業テーブルの天板に使いました。ワックスの乾燥が進めば色写りも少なくなってくると思われますが・・・。初めてワックスを購入したのですが!いろいろとメールでの対応も丁寧でとても気持ちよく購入ができました。商品が届くまでの対応も丁寧で!買って良かったと思ってますアンティークマホガニーとチューダーオークで迷いましたが結果的にチューダーオークにして正解でした。最後にウエースでごしごし磨くと、素晴らしい光沢が出ました。安価なので色々カラーをためして楽しむのもお勧めですね。また機会があったら利用したいです使いやすそうな感じなので早速休日に試してみよう思いました。